黒田投手引退に思う。永久欠番はもっと身近でもいいんじゃない?

先日広島カープの黒田博樹投手の引退と、それに合わせて球団から同投手の背番号「15」を永久欠番とするという発表がされました。広島カープとしては、「ミスター赤ヘル」山本浩二氏「鉄人」衣笠祥雄氏に続き3人目とのこと、私も大好きな選手の1人だったので他球団ファンの身ながらとてもうれしく思います。
ところで、永久欠番と聞いて思い浮かべるものって古い物ばかりのような気がしますよね、ハードルがやけに高いというか。今回のカープを例でいうと、「炎のストッパー」津田恒実投手や、「天才」前田智徳選手なんかも十分永久欠番に値する選手だったと個人的には思います。まあ、応援しているファンそれぞれに思い入れの度合いも違うと思いますので、一概には言えませんが。
そこで提案です。今後永久欠番は投票で決めるというのはどうでしょう?投票者は各メディアの記者さん達でもいいですし、ファンによる投票というのもありだと思います。もちろんただの人気投票にならないように球団側が候補となる選手を選抜して、そのなかで投票数の多かった選手、背番号が晴れて永久欠番になるんです。殿堂入りの投票のように「全投票の90%以上の得票が必要」とかの条件があるとわかりやすいかもしれませんね。
いずれにしても、毎シーズンオフに球団主催のイベント(ファン感謝祭)なんかでこういう企画があれば、過去の名選手へのリスペクトも高まり、新規ファンも古くからの応援しているおじさん方も喜ぶんじゃないでしょうか。どこかの球団で検討いただけませんか?